2018年04月16日

フレッシュ干物って知ってる?


先日、大阪シーフードショーで再会して、トントン拍子に購入が決まった
その時の記事はこちら(干物の機械がやってきた!



新しい機械を導入したので、早速干物を作って見ます!

神戸垂水港で水揚げされた、昼網活け締め天然鯛
この時期、桜鯛っていって、産卵期を迎えるために栄養を蓄え肥えています。

DSC03992.jpg
垂水の天然桜鯛(活締め小鯛サイズ)

やっぱり、数分前まで生きていた活締めは鮮度が違います。
DSC0392.jpg
目が澄んでいますね(^^)

そんな、刺身でも美味しく頂ける品質の鯛ですが
ちょっと小ぶりなだけで一気に値打ちが落ちます。

値打ちが悪ければ、海に戻してやって欲しいと思っても
水揚げ後すぐならまだしも、海に戻して長生きする確証もありませんので

ここは、スパッと美味しい干物になってもらいましょう!!

開いて・・・塩水につけて・・・乾燥
DSC03999.jpg


よく、水分を拭き取って乾燥機に

DSC04003.jpg

DSC04004.jpg

このサイズなら1時間少しで、フレッシュ干物が出来上がります。


フレッシュ干物って、大水展示会の時にとっさにつけた名前なんですが
結構気に入っていたりしています。

次は、何を干物にしようかなーーー
タグ:干物
posted by ふくよい神戸 at 00:00| Comment(0) | 新商品情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: